about

社名 株式会社 direction Q(ディレクション・キュー)
社名(英語) direction Q inc.
設立 2009年4月1日(2013年9月9日法人化)
代表取締役 大西隆介(おおにし・たかすけ)
所在地 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-38-9 キャッスルプラザ下北沢201
Tel: 03-6413-8881 Fax: 03-6413-8882
業務内容 CI、VI、Branding の企画・制作
広告宣伝、販売促進の企画・制作
ウェブサイトの企画・制作
文化・芸術・食にまつわる事業の企画・支援・制作
イベント事業の企画・支援・制作
ケータリング事業「hoho」
取引先 JR東日本、株式会社三越伊勢丹、株式会社LIXIL、積水ハウス株式会社、森ビル株式会社、ソニーPCL株式会社、日本テレビ放送網株式会社、朝倉不動産株式会社、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、多摩美術大学、中央大学、株式会社アートフロントギャラリー、エヌ・アンド・エー株式会社、東京国立博物館、青森県立美術館、十和田市現代美術館、セゾン現代美術館、広島市現代美術館、山口情報芸術センター(YCAM)、せたがや文化財団、株式会社羽鳥書店、株式会社幻冬舎、B&B、株式会社朝日出版社、株式会社美術出版社、横浜市ほか(順不同)

大西 隆介Takasuke Onishi

代表取締役/アートディレクター/プロジェクトディレクター

1976年埼玉県生まれ。日本大学法学部法律学科を経て、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業。2009年、direction Q 開始。2013年株式化。ブランドイメージの設計から運用に至るまでのトータルディレクションを手掛ける一方、文化・芸術事業関連の支援も積極的に行う。主な仕事に梅田スカイビルの空中庭園VIおよびサイン、ヨコハマトリエンナーレ2017の広報デザインおよびサイン、吉本ばなな『下北沢について』、谷川俊太郎『せんはうたう』の装丁など。企画構成・デザインに『WRAP THE SETAGAYA 世田谷の包み紙展』、出版プロデュースに『包む−日本の伝統パッケージ』、『成田亨作品集』など。また、人間の想像力を探るプロジェクト『iruinai』としての活動も行う。ミームデザイン学校講師(2018)、長岡造形大学非常勤講師(2016-)。JAGDA正会員。日本タイポグラフィ協会正会員
takasuke onishi twitter →

受賞・入選

東京TDC賞 入選(2008・2009・2017)、第10回メキシコ国際ポスタービエンナーレ 入選(2010)、LOCUS DESIGN FORUMブックデザイン国際公募 入選(2012)、日本タイポグラフィ年鑑2014・エディトリアル部門ベストワーク賞(2013)、JAGDA 入選(2015・2016)、日本タイポグラフィ年鑑2016・エディトリアル部門ベストワーク賞(2015)、第11回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2015 入選(2015)、日本ブックデザイン賞 金賞・銅賞(2016)、日本ブックデザイン賞 銀賞・審査員特別賞(2017)など

展覧会・出展

活版再生展(2008)、PAPER ROLL Exhibiton(2009)、韓国デジタルデザイン学会(2011)、ジャケ買いのビガク 誘惑するジャケットデザイン(2011)、紙と束見本展(2011)、クリエイター100人からの年賀状展(2013-)、日本タイポグラフィ年鑑2014(2014)、日本のグラフィックデザイン2015(2015)、日本のグラフィックデザイン2016(2016)、日本タイポグラフィ年鑑2016(2016)、Locus Design Forum「書・築」展 in Soul(2016)、グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史(2018)など

講演・講座

自主性—グラフィックデザインにおける(加藤賢策・大西隆介/東京工芸大学/2010)、絵と本とデザイン(鴻池朋子・大西隆介/青山ブックセンター/2011)、近所の仕事論(野口尚子・大西隆介・内沼晋太郎/B&B/2012)、デザインの批評・横断・自律(古賀稔章・大西隆介・高田唯・橋詰宗/ヒルサイドフォーラム/2012)、「下北沢について」について1(よしもとばなな・大野舞・大西隆介・内沼晋太郎/B&B/2013)、並河進の24時間トークライブ(並河進・川辺洋平・大西隆介/原宿空き地/2016)、「佐藤晃一の自由研究」刊行記念トーク(大西隆介・室賀清徳ほか/B&B/2016)、「佐藤晃一の自由研究」刊行記念トーク(澤田泰廣・熊倉桂三・村松丈彦・大西隆介・室賀清徳/多摩美術大学/2016)、クリティカル・(グラフィック)デザイン・スクール(大西隆介・川名潤/クリエイションギャラリーG8/2018)など

パブリケーション

2008
毎日新聞(4月11日金曜日・日刊・東京版)、読売新聞(10月1日水曜日・日刊・全国版)

2009
雑誌「デザインの現場」no.163|美術出版社、MdNデザイナーズファイル2009|MdNコーポレーション、Webマガジン「OPENERS」、Webマガジン「pingmag」、パッケージ&ラッピングツール グラフィックス2|PIE BOOKS、イメージで選べる配色見本ハンドブック|MdNコーポレーション、プロのデザインルール・ダイアグラム編|PIE BOOKS、産經新聞(11月26日木曜日・日刊・首都圏版)、東京新聞(12月4日金曜日・日刊・山手版)

2010
産經新聞(4月10日土曜日・日刊・全国版)、ニュー・ガーリーグラフィックス|PIE BOOKS、MdNデザイナーズファイル2010|MdNコーポレーション、カードのレイアウト|BNN新社

2011
KODDCO 2011|Korea desital design council(韓国)、雑誌「イラストレーション」no.187|玄光社、MdNデザイナーズファイル2011|MdNコーポレーション、しかけのあるデザイン|PIE BOOKS、Webマガジン「Refsign Magazine」

2012
雑誌「デザインのひきだし」no.12|グラフィック社、使い方がうまい!紙もの・紙加工ものコレクション|グラフィック社、技術もすごい! 予算もクリア! 特殊印刷加工|グラフィック社、MdNデザイナーズファイル2012|MdNコーポレーション、グラフィックデザインの基本原則|MdNコーポレーション

2013
雑誌「ブレーン」vol.631|宣伝会議、MdNデザイナーズファイル2013|MdNコーポレーション、デザイン事務所のTOOL見本帳|MdNコーポレーション、DMデザインのアイデア|MdNコーポレーション、Webマガジン「文学金魚」、機内誌「SKYWARD」12月号|日本航空、朝日新聞(10月26日土曜日・日刊・全国版)、雑誌「月刊MdN」vol.235|MdNコーポレーション

2014
雑誌「デザインのひきだし」no.21|グラフィック社、雑誌「月刊MdN」vol.239|MdNコーポレーション、雑誌「+DESIGNING」36|毎日コミュニケーションズ、MdNデザイナーズファイル2014|MdNコーポレーション、カラーリング・コレクションブック|グラフィック社、いちばん面白いデザインの教科書|MdNコーポレーション、雑誌「月刊MdN」vol.243|MdNコーポレーション、雑誌「デザインのひきだし」no.23|グラフィック社、フライヤーのデザイン、人を集めるチラシのアイデア|BNN、谷川俊太郎「詩と絵本の世界」|玄光社MOOK

2015
多摩美術大学80周年展|多摩美術大学、雑誌「IDEA」No.369|誠文堂新光社、雑誌「月刊MdN」vol.253|MdNコーポレーション、デザインの魂は細部に宿る|パイインターナショナル

2016
雑誌「月刊MdN」vol.270「人と人」対談|MdNコーポレーション、伝える、広める、人を集めるフライヤーのデザイン|BNN

2017
雑誌「BranD」issue33(香港)、毎日新聞(7月8日土曜日・日刊・全国版)、毎日新聞(9月10日日曜日・日刊・全国版)、雑誌「ダ・ヴィンチ」no.282|KADOKAWA、ファンシーポップ・デザイン|パイインターナショナル、一枚で情報を伝えるデザイン|パイインターナショナル、雑誌「Mac Fan」2017年12月号|マイナビ出版

2018
雑誌「slanted」vol.31|Slanted Publishers(ドイツ)、Made in Japan|Viction:ary(香港)、雑誌「IDEA」No.381|誠文堂新光社、雑誌「IDEA」No.382|誠文堂新光社、雑誌「編集会議」Summer 2018|宣伝会議、セットで展開する ポスターとチラシのデザイン|BNN

沼本 明希子Akiko Numoto

デザイナー/イラストレーター/ケータリング

1992年岡山県生まれ。2015年桑沢デザイン研究所総合デザイン科ビジュアルデザイン専攻卒業。2016年よりdirection Qに参加。ケータリングサービス『hoho』担当。
akiko numoto website →
akiko numoto twitter →
hoho website →

椙元 勇季Yuki Sugimoto

デザイナー

1990年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部社会科学科を経て、2017年桑沢デザイン研究所総合デザイン科ビジュアルデザイン専攻卒業。JAGDA学生グランプリ2016グランプリ受賞。2017年よりdirection Qに参加。
yuki sugimoto website →