Calligraphy|空中庭園幻想の行方—文学・哲学篇(抄)

Calligraphy|A Set of Visions for Midair Garden

2018_1019_0015

2018_1019_0127

2018_1019_0089_2

2018_1019_0084

2018_1019_0074

2018_1019_0069

2018_1019_0064

2018_1019_0059

2018_1019_0099

2018_1019_0149

2018_1019_0164

2018_1019_0118

2018_1019_0121

2018_1019_0124

2018_1019_0170

2018_1019_0104

2018_1019_0108

2018_1019_0111

2018_1019_0114

2018_1019_0010

2018年に開業25周年を迎えた大阪・梅田スカイビル3階通路の壁面グラフィック。
建築家の原広司さんが、世界中の文学から空中庭園に纏わる一節を選び、
約30mの壁面にそのテキストをクラウド状に配置し、一文字ずつ鉛筆で直接レタリングしました。
鉛筆のかすれがあたかも遺跡に残された壁画のような風合いを再現しています。
なお、2017年の年間入場者数は150万人と過去最高を記録しています。

2018
Planning, Selection of the texts, Commentaries: Hiroshi Hara
Graphic Design, Calligraphy: Takasuke Onishi (direction Q)
in corporation with Endo Architect and Associates, Akiko Numoto, Yuki Sugimoto
Interior Design: Shunji Nakatani (Nakatani Studio)
Bibliographic Survey: Takehiro Sakurai
Translation: Junko Tamura in corporation with François Decoster,
Kim Hyeong Ill, Pablo Viejo, Chiu Yuan Wang, Florian Schätz
Proofreading: Yusuke Ogura