[talk] 並河進の24時間トークライブ

『並河進の24時間トークライブ』に代表の大西隆介が出演します。

日時:3月19日(土) 21:15-22:00頃まで 入場無料
出演:並河進(電通コピーライター)、川辺洋平(R inc. 代表)、大西隆介(direction Q 代表)
場所:原宿「空き地」 渋谷区千駄ヶ谷3-52-9

詳細については下記Webサイトよりご覧ください。
24h.namikawasusumu.com

[work] 地霊 呼び覚まされしもの

001_chirei_1200px

十和田市現代美術館で開催される『地霊 呼び覚まされしもの』展の広報物デザイン。ゲストキュレーターは飯沢耕太郎氏。

会期:2016年1月30日(土)-5月15日(土)
会場:十和田市現代美術館

展覧会の詳細については下記Webサイトよりご覧ください。
http://towadaartcenter.com

[prize] 『HIROSHI HARA: WALLPAPERS』ベストワーク受賞

002_wallpapers_1200px

005_wallpapers_1200px

010_wallpapers_1200px

ブックデザインを担当した建築家・原広司さんの『HIROSHI HARA: WALLPAPERS 空間概念と様相をめぐる〈写経〉の壁紙』(発行:現代企画室)が
日本タイポグラフィ年鑑2016のエディトリアル部門でベストワーク賞を受賞しました。

受賞サイト > www.typography.or.jp
建築家・隈研吾氏による書評 > 朝日新聞
Buy > amazon

Book Design: Takasuke Onishi

[event] セタブンマーケット

世田谷文学館で開催されるイベント『セタブンマーケット』にiruinaiが参加いたします。
参加日は28日の1日のみです。メキシコの仮面、北極・イヌイットの彫刻や人形、ベトナムの頭巾など、選りすぐりの品々をお持ちします。

日時:6月27日(土) 10:00-20:00/28日(日) 10:00-18:00
会場:世田谷文学館 1階文学サロン

詳細については下記Webサイトよりご覧ください。
セタブンマーケット

[event] iruinai『Too Far North』

001_tfn_1200px

direction Q のプロジェクト「iruinai」で、『Too Far North』をテーマにイベントを開催します。ぜひお越しくださいませ。

北極圏に人類が住むようになったのは、3万年も前のこと。
雪と氷の世界の中で、彼らはどんな想像に遊び、謡い、笑いあいながら、日々を生きてきたのでしょう。
遥かはるか北のこと。もしかしたら、一生涯辿り着けない場所。
だからこそ私たちは、彼らに負けない想像力で、彼らのことを想ってみるのです。

日時:2015年5月17日(日) 11:00-18:00
会場:direction Q 入場無料

極北マーケット
イヌイットの壁かけ』(暮しの手帖社刊・絶版)著者の岩崎昌子さんが、1980-90年代に2度の北極旅行で入手したイヌイットのミトン、ぬいぐるみ、彫刻などを特別販売します。他にシベリアユピック(ユイト)の民芸品、カザフスタンのポシェット、ウイルタのセワポロロなどもございます。

極北食堂「白い食べもの、赤い食べもの」
ピリカタント書店による、極北をテーマにしたフードの販売。

極北バー
ノルウェービール、フィンランドのスパークリングワインなど

日時:2015年5月17日(日) 11:30-12:30
会場:B&B 入場無料(1 drink制)
 
極北上映会(エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ*より)
『極地エスキモー 綾取り』(北グリーンランド・チューレ地方/1974年/9分30秒)
『エスキモー 娯楽の情景』(東グリーンランド・アンマサリック地方/1962年/8分30秒)
『サミ人 センネグラスと靴』(北ヨーロッパ・ノルウェー/1975年/16分)
『サミ人 トナカイ肉解体とパン焼き、食事の準備』(北ヨーロッパ・ノルウェー/1976年/21分)

*エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ
1951年、ドイツ・国立科学映画研究所で始まった、世界中の知の記録の集積をめざした映像による百科事典プロジェクト。日本ではアジアで唯一、フルセットを(公財)下中記念財団が管理・運営している。

※開場は11:00から。事前予約はございません。会場に直接ご来場ください。
※いずれも無声または現地語のみの上映。解説はありませんので、想像して楽しみましょう。